アニメ雑誌の文字量を見てスタッフの思いを感じる

はまっているアニメの専門雑誌が昨日届いたのですが、まだ読んでいません。
まさかこんなに文字がびっちりな本だとは思いませんでした。
活字を読むのが苦手な私はもっとイラストを多く入れて欲しかったなーなんて思っています。
まだちょこっとだけ読んだ程度ではあるのですが、読むのは大変だろうなと思いながらもアニメを制作しているスタッフたちの愛を感じました。
制作スタッフはもちろんのこと、声優さんのインビューも掲載されていて、脇役の方のインタビューなどもあったので面白いなと思いました。
一つのアニメをみんな心を込めて作っているということをこの文字量だけ見て感じることが出来ました。
ちょっと読んだ部分には、キャラクターの名前の由来がありました。
本当は別の名前にする予定だった主人公ですが、それではプロデューサーの名前とかぶってしまうなどの理由があって今の名前に変わったそうです。
でも今の名前の方が絶対にキャラクターに合っていると思います。