お金がなくても0円で楽しめる娯楽

最近、AmazonのKindleで小説をダウンロードしてよく読むようになりました。といっても、お金は一切払っていません。でも私のKindleの本棚はかなり充実してきました。著作権の保護期間の切れた作者の本が、「青空文庫」のボランティアの方のご尽力により、無料で読めるようになっているのです。

Amazonで「購入する」ボタンを押すと、スマホに自動的にダウンロードされ、「ご購入ありがとうございます」のメールが届きます。お金を1円も払っていないのにもかかわらず、感謝のメールが届き、こちらの方が感謝したいくらいなので、なんとも言えない気持ちになります。

これまで読んだ小説は太宰治の『斜陽』『女生徒』『人間失格』、また小林多喜二の『蟹工船』も読みました。だいぶ前に読んだことがことがある名作を読み返したり、名作とは知っていつつも読んだことのなかったものを、読むようにしています。他にもまだまだ読みたい本がたくさん。お金をかけなくても楽しめる娯楽がたくさんある、良い時代だなと感じました。