サラリーマンで不動産投資をする人が増えています

最近サラリーマンで不動産投資をする人が増加傾向にあります。その理由はマイマス金利で不動産ローンが借りやすくなったという背景があります。日本では2016年からマイマス金利で以前はローンを組むのに自己資金が2割から3割程必要でした。ですが今は初期費用がなくてもフルローンで借りることが出来ます。

さらに2020年に東京オリンピックがあるので、それまでは東京の土地の値段は上昇傾向にあると予測できます。さらに2040年までは東京再開発計画が予定されているので、東京の土地の値段はそう大きく下がることはないと考えられます。だから地価が下がる心配はあまりなく、安心して不動産投資をすることが可能です。

また超高齢化社会を目前として、特に高齢者は年金などに対して不安があります。だから働かなくても得ることが出来る安定した収入源として不動産投資を行う人が多いのです。