ファンタリングの仕組みについて説明

ファクタリングとは業者が企業から手数料を貰ってその代わりに売却額を支払うことで、後日ファクタリング業者は支払った額を回収します。例を挙げると手形取引の場合は売掛金を回収するのに時間がかかります。それに銀行融資は担保が必要で審査もあるので、もっと早く資金調達をしたい時に有効な方法と言えます。

そんなファクタリングは売掛先企業の承諾が必要となる3社間、取引先に売掛債権の現金化が分からない2社間とがあります。手数料を抑えたい場合は3社間ファクタリングがお勧めです。3社間だと取引先の了承がいるので、業者が売掛債権を買い取って取引先からファクタリング業者支払いがあります。

ちなみに手数料ですが3社間ファクタリングだと売掛債権の1%から5%が相場です。それに対して2社間ファクタリングは10%から30%となるのでこの差はかなり大きいと言えます。