ニースに短期留学しました

私は大学時代、フランス語をとっていたのですが、どうしてもRの発音が出来なくて、Rの発音ができるようになりたくて、ニースにあるフランス語の語学学校に2週間だけ短期留学することにしました。

滞在先はホームステイで、学校から一番近いところにあるフランス人の家庭でした。私以外にアメリカ人の大学生がホームステイしていて、私は英語を話すことができるので、英語でコミュニケーションを取っていました。

フランス語の学校ではベーシックコースを受講しましたが、なかなかRの発音がうまくできなくて、イライラしました。どうすればフランス語っぽいRの発音ができるのか、そのコツがいまいちわからないのです。

クラスの先生にもかなりRの発音を教えてもらったのですが、なかなかうまくいきませんでした。私は英語のRとLの発音はしっかりと違いを表現することができるのですが、フランス語のRにはてこづりました。2週間の間に数字を数えることができるようになって、なんとなく、買い物をしていても数字がわかるようになりました。それだけでも、短期留学した甲斐がありました。