恵比寿で税理士を雇うメリットとは

個人事業主の方や、また新しく会社を立ち上げた方が、税理士を雇うべきかどうか…ということを悩んでいる方も多いです。

しかし、恵比寿 税理士を雇う場合、さまざまなメリットがあると言えるでしょう。

まず、一つ目に、税法上のメリットが大きいというメリットがあります。

日本の税制には、実はたくさんのメリットが存在していて、この特典を知っておくことで、うまく節税をすることが出来たり、上手く使えば、支払う税金を大幅に少なくすることが出来たりするのです。

しかし、所得税、消費税のこういった特例に関しては、自ら確定申告書などを提出する際に、税法上の特例を受けるという旨を記載しなければ、適用を受けることが出来ません。

元々、所得税、消費税の特例という物は、それらの特例を知っておく必要があり、さらにはそれを正しく申告しなければ、適用されないという仕組みになっているのです。

この特例を税法上受けることが出来るのにも関わらず、知らずに過ごしている方も意外と居るようです。

しかし、自分で確定申告書を作成、そして税務署に提出した場合、誰もアドバイスをしてくれないと言うことになってしまいます。

今は、節税にも力を入れて、なるべく支払う税金を少なくした方がお得であると言えます。

恵比寿で税理士に依頼をした場合には、顧問料はかかりますが、最新の税制情報、そして節税対策などにも詳しいため、それだけアドバイスを定期的に受けることが出来ます。

そして、会計帳簿を作成したり、それを元に確定申告を行いますので、税法上のメリットがかなり大きくなります。結果として、税法上の特典を受けることが出来て、節税対策をすることが出来るのです。

しかし、税理士を雇うとなると、高額な顧問料が必要になりますし、さらに、コストがかかってしまうので、避けたいと考えている人も居ます。しかし、税理士を雇うのは、実は経理の人員を雇うよりも低コストであると言えるでしょう。

経理などの人員を一人雇うことで、最低でも月額15万円程度の人件費がかかります。

短時間勤務のアルバイトでも月8~15万円ほどの給与が必要ですし、時給も千円程度は払う必要があります。それを考えると、税理士を雇うコストは安くなっています。