100均に頻繁に通うようになったのは、ポーセラーツにはまったから

三か月くらい前、ママ友のお宅にお茶を飲みに行きました。そこで出して頂いた紅茶が入っていたマグカップがとてもかわいくて気に入ってしまいました。ママ友に聞いてみたところ、「この柄は自分で考えてつけたのよ」と言うのです。自分でこんな素敵なマグカップが作れるのかとびっくりしました。それがポーセラーツとの出会いです。それから月に1回ママ友のお宅に通って、お皿やカップに好きな転写紙を貼って焼成してもらうようになりました。 もともと絵心は全くなかったので、自分で画を描くというのはできないと思っていました。

ですが、ポーセラーツは自分で描かなくてよいのです。転写紙というシールのようなものを好きなところに張り付けていくだけ。それなのに自分だけの作品が出来上がるのです。お皿やカップは100均のもので充分なのです。まだまだ技術力がないので失敗しても後悔しない100均のものを使っています。もう少し上手になったら100円ではない少し高い食器でも作ってみたいと思っています。世界に一つだけの自分のお気に入りの食器がつくれるなんて、それも絵心のない私でも素敵な作品がつくれるなんてとても素晴らしいと思っています。この次はどんな食器にどんな柄の転写紙を貼りつけようか、そんなことを考えながら今日も100均に通っています。