イギリスの知識を辞書から拾い集めてみた

昨日は、私が大好きなイギリスについて調べていました。普通の人よりはかなり豊富な知識を有しているはずですが、辞書で調べるだけでも結構色んな事が書いてありました。

昨日新たに知ったのは、スコットランドとアイルランドの漢字です。「蘇格蘭」「愛蘭」、これ読めます?知らなったのは不覚です。なぜかウェールズの漢字はなかったのでこれだけ覚えました。

あとは、イギリスで一番高い山の標高や、一番広い湖の位置と面積を覚えました。人口などと違って、これらは変化しませんからね。一度覚えたらそのまま知識を上書きしなくてもOKです。

歴史も多少はまとめなおしてみました。イギリス史まで行くと掘り下げられるので、辞書に載っている範囲内ですが。近現代は私があまり得意ではない政治の話が入ってくるので苦手ですね。ローマ人やケルト人がいた古い時代から遡る方が理解しやすくて好きです。もともと歴史自体は好きではないのですが、イギリスのことだから覚えてみようかなと思えます。知っているからなんだと言われたらそれまでですが、知識って大抵そんなもんですよね。