女性にとって不倫は心の支えであったりする?

世間一般では不倫は倫理的によくないこととして考えられています。ですが、実際には不倫をしている人はかなり多く存在するはずです。不倫にも多くのパターンがありますがよく言われているのが既婚男性と独身女性のパターン、ですがそのほかにも既婚男女のパターン、主婦と独身男性のパターンなども存在します。ではなぜ女性は悪いとわかっていてあえて不倫に走るのでしょうか。

不倫をする女性の多くは普段心が満たされていなかったりすることが多いです。仕事をしっかりやっている女性でも反面自分の女性という部分が満たされずに比較的簡単にできてしまう不倫の関係に職場の上司などと陥ってしまうこともあります。また、常に寂しいと心が満たされない女性も既婚男性に声をかけられるとフラッとついていってしまうこともあります。また主婦などは夫に必要とされているように感じないとき、女性として見てもらえていないと感じる時などに自分の女性性を肯定してくれる男性にフラッとしてしまうこともあります。

こうしてみると不倫に走る女性は自分の中の否定されている女性性を肯定してもらえるときに不倫をしてしまうようです。となると女性にとっては不倫とは自分の満たされないものを満たしてくれる重要なもの、心の支えとなるものであることが多いのでしょう。自分の中に心の支えとなるものがあるということはその人の生活を変えてくれるものです。時には女性は不倫によって生き生きとした生活を取り戻すこともあります。不倫がばれてしまうと生活自体が破綻してしまうという危険もはらんでいるものですが、不倫が時には心の支えとなって生活を改善してくれるということもあるのです。