サウナに行ってきました

今日は、久々にサウナに行きました。

私は、サウナが大好きです。

元々は「こんなの、暑いだけだ」と思いました。しかし、あるきっかけから、サウナにハマりました。それは、とあるスーパー銭湯に行ったところ、そこにサウナについての詳しい効用と利用方法が書いてあったのです。

そこで、特に私の目にとまったのが、サウナは交感神経と副交感神経を交互に刺激するので、自律神経の安定が期待できるということでした。なぜなら、私は自律神経が弱かったからです。

また、正しいサウナの入り方について書いてあったのも、ありがたかったです。参考までに、簡単に説明しますと、まず水分を摂ります。次に、ウォーミングアップとして、普通のお風呂に入り(出来ればぬるめが良い)幹線を広げます。そして、サウナ室に5~15分入ります。続いて、水風呂に1~3分入ります。そして、少し休憩します。それが1セットで、それを3セット繰り返します。

私は、サウナというより、厳密には、サウナ室から出たあとの水風呂の爽快感が好きなのかもしれません。いつでもというわけではありませんが、しばしば、水風呂が全く冷たくなる、一種のトランス状態に入ることもあります。どこか、身体の表面は冷たいのに、身体の中身は温かいという状態です。私は、それを「逆カツオのタタキ状態」と呼んでいます。

今日も、その状態になり、たいへん気持ちがよかったです。