プロジェクターレンタルとは?

さて、プロジェクターレンタルと聞いてもピンとこない方が多いのではないでしょうか?

プロジェクターは、ご存じだと思いますが用途は実に様々です。

家庭向け、プレゼン、会議、研修、結婚式、イベント向けなど様々です。

DVDプレーヤー内蔵型(スピーカー付き)で、これ1台でスクリーン投影が気軽に楽しめるものや、

パソコンなしで利用可能なもの、iPad、ビデオ、HDBI接続、USB接続が可能なものまであります。

気になるレンタル料ですが、いろいろな業者があり迷われると思いますが、0泊1日で2000円代から

3泊4日9000円くらい、1か月3万円くらいとこれまた様々です。ご使用の用途に合わせてお選びください。

また、実際にプロジェクターを購入する前に、試してみたい製品がある場合や、短期間だけ使用したい機種があるときなどには、

レンタルが適しているでしょう。

主な用途としては、家庭でホームシアターとして、会社でのプレゼン、会議、研修、結婚式、大規模なイベントなどがあります。

モバイルスクリーンとセットの場合もあり、サイズは60インチ、80インチ、100インチ、200インチなどいろいろあります。目安としては、60インチ・・50名前後、80インチ・・80名前後、100インチ・・100名前後となります。

一般的な結婚式や二次会で、新郎・新婦の生い立ちのビデオの映写や、友人からのメッセージビデオを流したり、

思い出の写真を大きく投影する場合などは、80インチくらいが適当だと言えます。

性能も様々で、明るい室内でも使用可能なものや、教室などでスクリーンが用意出来なくても黒板への投射が可能なものもあります

多くの業者は、パソコンやスマホで簡単に申し込め、受け取り・返却も楽々で、支払いもクレジットカードや、代金引換、銀行振込

など、いろいろと対応している業者が多いです。

プロジェクターを選ぶ際、1番重要なのは明るさですが、「明るさ何ルーメン」と言われても実際に見てみないと明るさを

イメージし難いでしょう。ですから使用用途に応じて選ぶと良いでしょう。

さて、ルーメンとは明るさの事で、プロジェクターの性能を表す単位となります。1ルーメンは、1m先のローソクの光を手元で

確認出来る明るさの事で、例えば2000ルーメンなら1m先に2000本のローソクがあることになります。

つまり2000ルーメンと3000ルーメンを比べるとローソクで1000本分の違いがあることになります。

数字が大きくなればなるほど明るいと言うことになります。

使用環境や、映し出したい大きさなどもプロジェクターの機種選択の重要な要素となります。

一般的に利用が多いのは、2000ルーメンクラスで、その理由とし軽くて持ち運びやすい、小会議室でのプレゼンや明るさの調整がしずらい飲食店での二次会などにも活用出来ます。また設置や接続が簡単なところが魅力です。

3000ルーメン以上の輝度なら、少々の照明や間接外光が入る会場でも、より鮮明な映像を投射出来ます。

4000ルーメン以上なら、ホテルや大会議場や研修など大きな部屋で常設されるような性能となります。

有名ホテルでの会議や研修、ライブ、コンサートなどのイベントでも多く利用される高輝度、高解像度を持ち合わせた性能です。

大画面投影を行う場合には、それなりに距離を離す必要がありますが、利用会場の環境によっては、プロジェクターとスクリーンや壁などに制約がある場合、短い距離から投影可能な短焦点の機能もあります。例えば1mの距離から100インチサイズに投影可能なものもあります。

費用や、使用用途に応じてプロジェクターレンタルをしてみましょう。