過払い金は弁護士と司法書士のどちらに依頼すべきか

過払い金請求については、テレビコマーシャルやインターネット広告で弁護士と司法書士の両方の事務所が多くの宣伝を流し続けています。もちろん、テレビコマーシャルやインターネット広告では自分の宣伝をするのですから、弁護士と司法書士のどちらに依頼をすればいいのかはそれらの広告ではわかりやすいとは到底言えません。過払い金請求は本人が弁護士と司法書士に依頼しないでもできないことはありませんが、金融業者というプロが相手であることですし、本人が過払い金請求の経験がある人はいないでしょうから、やはり基本的には弁護士か司法書士に依頼すべきということになります。個人で金融業者を相手にすると弁護士や司法書士に依頼した場合よりも少ない過払い金の返還で済まされてしまうことも少なくありません。

では、過払い金請求では弁護士でも司法書士でもどちらでもいいのかと言えばそうではありません。司法書士は過払い金請求について一部の業務に制限があるので、弁護士の方が広い範囲の過払い金請求に対応できるのは事実です。具体的に言えば司法書士には過払い金が140万円を超える請求については金融機関との交渉権や過払い金請求が訴訟になったときに代理権がないという制限があるのです。それに司法書士の場合には140万円以下の過払い金訴訟であっても、簡易裁判所の第一審で訴訟が終わらないような控訴審の第二審や第三審になれば代理権はなくなります。これに対して弁護士や過払い金請求の制限はありませんし、過払い金訴訟の代理権はどの場面でもあるのです。

しかし、司法書士に過払い金請求を依頼する方がいいこともあります。それは140万円以下の過払い請求では、弁護士の比べると司法書士の方がコストが安くつく場合が多いからです。ただしコストの問題はそれぞれの弁護士や司法書士の報酬のとり方によって違いがあることが普通ですから、必ずしも司法書士の方が弁護士よりもコストが安くつくというわけではありません。

過払い請求について弁護士か司法書士のどちらかに依頼する場合にはまずは過払い金請求の金額がどのくらいになるのかを過払い金計算機で計算したうえで、過払い金請求で実績のある弁護士や司法書士を選ぶことです。