朝日を浴びるために散歩に行きました

先日、睡眠に関する本を読みました。それによると、睡眠には光が重要だということです。簡単にいえば、朝はきちんと太陽の光を浴びる、夜は少なくとも寝る1時間前からパソコン・スマホの画面を見ないようにする、とのことです。

人間は目に見えないですが体内に時計を持っています。そしてこれは光によって調節されています。なので、規則正しく光を浴びないと体内時計が狂ってしまい、睡眠の質にも影響を及ぼすようです。

そこで、早速、朝日を浴びに行きました。ただぼさっと浴びるのはなんだかシャクだったので、ついでに散歩に行くことにしました。

いつも昼間に通る道ですが、早朝に通ると違った顔を見せてくれました。自動車やバイクの往来も少なく、また人影も少なかったです。なので、いつもの道がつまらない、と思う人は、時間をずらして通ってみるのがいいかもしれません。

さて、朝に光を浴びる療法ですが、そこそこうまく行ったと思います。パソコンも寝る予定の1時間前に電源を落としました。その日の夜は心地よくまどろんでいました。そしてすんなりと寝入ることができました。

もちろん個人差があると思います。が、試してみる価値はあるのではないかと思いました。