Twitterをより楽しむ方法

140文字の短文を投稿できる人気のTwitterが日本人向きの理由とハッシュタグについて等調べてみました。

140の文字数制限があるTwitterは、同じ文章を入力すると英文より日本文の方が少ない文字数で入力できるので日本で受入れられました。

例えば「私は駅に行きました」を英文にすると「I went to station」となり、9文字と14文字の5文字のより少ない文字数で表現できる日本文はTwitter向きと言えそうです。

同じ趣味を持つ人や応援している有名人や芸能人をフォローしたら、タイムラインとは別に登録されたユーザーのみのツイートをまとめて見ることができるリストに特にお気に入りのフォロワーさんを登録すると、ツイートを見逃さず素早く情報をキャッチしリプライやリツイートすることができます。

#を含んだつぶやきの文字列を「ハッシュタグ」と言い、生放送のテレビやラジオのスポーツ中継等で、「ハッシュタグ○○をつけてつぶやいて下さい」や「ハッシュタグ○○」と呼びかけていますが、つぶやいているツイートを集めると、リアルタイムの視聴者やリスナーの声を番組に反映させることができます。

「ハッシュタグ」をつけてツイートする方法は、「このコーヒー美味しい #cafe 」のようにツイートの後の「ハッシュタグ」の前後は半角スペースを開けます。

「ハッシュタグ」をつけてつぶやくと、何の話題についてツイートしているのか示すことができ、共通の話題についてツイートなので、話しが盛り上がり相互にフォローし交流が広がることがTwitterの楽しさです。

新しい「ハッシュタグ」を作るにあたり特にルールはなく、自分が関心のあることや趣味についてオリジナルの「ハッシュタグ」をつけてツイートすると、同じ「ハッシュタグ」つきのツイートをされるかもしれません。

140文字の制限がツイッターの良さであり楽しさであると感じています。140文字で自分の伝えたいことを表現してもっとTwitterで交流していきたいです。