柴犬とおじいちゃんを見た話

ショッピングモールの入り口横ベンチで、まるで温泉に入ったかのような表情をした柴犬を見かけた。目が細くなっていて、キツネのようにも、見えた。そんな毛色だった。とてもかわいらしい犬だったから、じぃっと見てしまった。うしろの飼い主らしきおじいさんが居て、犬の首をこりこりかいていた。犬は、撫でられるままになっていた。

それが先週のことで、今日もまた同じ光景を見てしまった。

まったくおなじところで、おなじおじいさんと同じ犬がおなじポーズで、居た。

デジャヴかと思ったよ。

デジャヴじゃなくて、夢でもなくて、何か縁があるのかもしれない。

特に話しかけるわけでもないけどね、とうぜん。

「そで振り合うも他生の縁」というから、そうだろうなと思う。

しかし、振り合っただけならすれ違っていくのが当たり前で。

ふとそんなことを思ったのだった。

牛乳を買い忘れたから、今日は牛乳なしのハンバーグ。