ダイアモンドの輝きと色

百貨店に置いてあるダイアモンドが綺麗だったので、つい近づいて見てしまった。

キラキラ輝いていて、ダイアモンドって本当に美しい。うっとりしてしまう。

これが鉛筆の黒鉛と同じ炭素「C」だとは思えない。

確か、ダイアモンドって、色がついていなくて大きいものが高価なんだよな、と

昔の知識を思い出し、調べてみた。

結婚指輪などに使われるダイアモンドは無色のものが良く、

黄色がかっているほど価値が低いとされるらしい。しかし、黄色が濃いダイアモンドは

これはこれでファンシーカラーダイアモンド、つまり色付きのダイアモンドとして

の価値がつくので、また高価になるらしい。

つまり、中途半端に黄色いダイアモンドが一番必要とされてないのね。かわいそうに。

ダイアにはイエローだけじゃなく、実はレッドやブルーやピンクのダイアモンドもあるらしい。

貴重なので高いらしいけど。凄い!ちょっと見てみたいなあ。