これは日本の恥とは・・・いや、やっぱり日本の恥か

台湾へ映画撮影に行っていた俳優の男が入管職員に暴行し骨折を負わせ、

その映画の契約を解除されていたようです。

日本の報道では日本人として報道されていますが、台湾では「韓国人」とハッキリ言われています。

パスポートの色やこの男の実際の国籍が、まあつまりそう言う事なんでしょう。

日本人と言う報道は正確でないを通り越して完全に間違っているわけですが、

とんだジャーナリズムもある種いつも通りと言った所ですから、これ以上絶望しようもありません。

まあこの男は確かに恥ずかしい存在ではありますが、

日本人に対し「日本人は恥ずかしい、劣っている存在である」と全力で喧伝し

その自信を無くさせることに精を出すマスコミこそが、日本人として恥ずかしい存在です。

外国籍のままの外国人が日本人ヅラして闊歩しているのを許している現状もまた、ですが。