お金が欲しい当たり前~♪

お笑い芸人COWCOWが流行ったときに、確か忘年会か何かの余興で「お金が欲しい当たり前~♪」と、替え歌をしていたグループがあったのですが、もうね給料日前になりますと、自然と脳内でリピートですよ。本当に「お金が欲しい当たり前~♪」ですからね。

けれども、サラ金に手を出すまでに切羽詰まっているわけではなく、かといって貯金で補填するほどに贅沢はしたくはないのです。一応、毎月の目標として「毎月の給料の範囲内でやりくりする!」というものがあるのですから。

けれども、実際のところボーナスに着々と手をつけていっている状況なのですよね。ボーナスだけはしっかりもらえるところに勤めているということもあるのですが、20代の給料は民間よりも安いのです。ですから、気を抜いて使い過ぎてしまった月なんかは、ボーナスを切り崩してしまっていますね。願わくば、ボーナスは貯蓄に回したいのですが。